スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 大正あゆまつり(後編)

 28, 2016 14:17
こんにちは! 朝晩はだいぶ過ごしやすくなりましたね

四万十町の夏祭りも佳境ですが、先週のあゆまつりレポートの続きを
お送りします。
前編はこちらになります!第14回 大正あゆまつり



あゆまつりと言えば『火振り漁』の実演です!
炎を川面に写しこみ、鮎を追い込んで捕獲する伝統漁法です。

灼熱の太陽が沈み始め薄暗くなるにつれ、みなさんの注目の眼 はこの行事に集中します。
カメラマンも横並びでスタンバイ。私もその中に入れて頂き、
特等席ゲットです
(ベテランのおんちゃん達、ありがとうございました


静かに舟がでます。。 なんとなく緊張ムード
1_201608281216509f0.jpg

炎を振り下ろす
2_20160828122809ef1.jpg

3_20160828122828e81.jpg

火振りって、こういうことだったのか!と、
改めて納得

そして、漁が終わってからのお子さまたちのお楽しみ!
大漁だ~
IMG_3306_R.jpg


今年も魅せます!というだけあって、
四万十川の夏の風物詩「火振り漁」
これは一見の価値ありですね
4_2016082812373032e.jpg


今回のあゆまつりは奥四万十博の効果もあり、
他県からもたくさんお客様が見えました。
毎年全国各地から来て頂きたいものですね



火振り漁のあと、あゆまつりのフィナーレを飾るのはこれ
花火を見ないと夏祭りは終われません
IMG_3924_R.jpg

山に反響する音が腹にまで響きます。
迫力満点


花火って、打ち上がった後はなんとなく切なくなります
まつりの終わりと共に、夏の終わりも予感させるからでしょうか。。。


星空もきれい~!
IMG_3892_R.jpg

粒がでかい!写真には撮れませんでしたが、
天の川もくっきり
この時間になると真昼の日差しがうそのよう。
川面から吹く風がとても心地良く、星を眺めるにはうってつけの時間です



帰路は灯り工房ひよこさんが手がける、「竹灯り」が夜道を彩ります。
IMG_3301_R.jpg


浴衣のカップル達にとっても、ステキな演出になりましたね



昼の12時から約8時間半という、めちゃくちゃ長丁場のお祭りが
終わりました。
地域住民を中心に、大正地域全体が盛大に盛り上がった1日でしたが、
ほんとに皆さんタフ!!の一言に尽きます。

このパワーは必ず次世代に引き継がれていくものと
おまつりに参加して確信しました



来年はどんなあゆまつりになるのでしょうか
また他県からもたくさんの人でにぎわうことを願っています。


おまつりを創りあげてくださった関係者、住民のみなさま、
そしてご来場くださったみなさま、ありがとうございました!
来年もお会いしましょう~


br_c_3094_1.gif

   ↑ 

 高知県人気ブログランキングに参加中です。

 ポチっとお願いします。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。