スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏が終わっても熱い!興津のこれからを紹介!!

今回は知る人ぞ知る海の聖地を紹介。

高知県の四万十町窪川駅から4時の方向……もとい、南東に向かって進むと、一山越えたところに興津という町があります。

ご存じない方もいるかと思うので、その興津の魅力を紹介をさせて頂きたいです。

夏がオンシーズンなのですが、秋も大祭があったりと賑やかな行事が続きますので、是非チェックしてみるのをオススメします。

抜群の透明感・興津海水浴場


砂浜


まず一番に紹介したいのが、平成18年に環境省から「海水浴場百選」の認定を受けているほどのビーチスポットであります。

日本の数ある海水浴場の中でも百選になっているだけあって、とても広い砂浜が広がっています。

写真に収まりきらないくらいです。

それもそのばずで、東西約2kmに及ぶそうです。

そして遠浅で透明感ある水質のため、お子様の海水浴にも最適です。

少し寒くなってきた秋も、砂浜で水をかけあいっこする「カップルごっこ」を楽しんだり、波音を聞きながら瞑想したりと色んな楽しみ方ができます。

そして海水浴場にはきちんとキャンプ場やバンガロー、トレーラーハウスなどの宿泊棟が備わっていて、シャワーや食堂などの施設も充実しています。

希望者はピザ釜でピザ焼き体験も可能だとか。

これからのシーズンですね。

磯釣りは県下でも有数のスポット



高知県で磯釣りをされる方は、興津が釣りスポットとして名高いのは知っていると思います。

そんな釣り好きの方のための渡船もあるので、グッドポイントへのアクセスも問題ありません。

天候との兼ね合いもありますが、この数ある名礁は行く価値あります!

千年以上続く興津八幡宮が興津を見守り続ける


hanadai.jpg


毎年10月15日に行われている 「興津八幡宮大祭(秋季大祭)」
御神体のある興津八幡宮は、創設が878年というから、その歴史の深さに驚きます。

祭り自体は400年以上の歴史があり、興津八幡宮の境内や小室の浜で、豊漁・豊作が占われる勇壮な祭りです。

昭和39年には「県指定無形民俗文化財」に指定されています。

これからの季節、お時間ある方はその歴史ある大祭に是非足を運んでみては如何でしょうか?

今年の15日は土曜日ですので、チャンスです。

開催時間は12:00から15:30くらいです。

0930文字放送

特産品だって県下一のものがあります



最後は、特産品.

美しい海に囲まれているだけあって、海の幸が真っ先に挙がります。

その中でも水揚げ量が県下一を誇るシイラ

siira.jpg


刺身にすると、とてもあっさりしていて、「ぬた」をつけて食べるとパンチが効いて美味しいです。

農作物もミョウガやピーマンの生産地として高知県の皆さんの胃袋を支えてくれていますよ。

興津はゆったりした時間を楽しめる優秀なスポット!



充実した海水浴施設をはじめとして、自然の中でゆっくりしたい時は興津に遊びに行ってみてはどうでしょうか?

興津青少年旅行村のHPアドレスを記載ておきますが、宿泊施設もしっかりしていて波音を聞きながら本当にゆっくりできます。

http://shimanto-town.net/okitsu/index.html

沢山の人が訪れるのは夏場ですが、秋から冬に掛けても魅力は沢山あります。

掃除の方がしっかり管理してくれているので、宿泊施設もとてもきれいでした。

海岸沿いを散歩するだけでも気分がリフレッシュされます。

秋季大祭も控えた興津の町に是非癒されに来ませんか?


広い宿泊施設もあるので、個人的には「会社の研修旅行や部活の強化合宿」などで利用してみるのを大いにオススメしたいですね。

▼宿泊施設の写真は以下の写真をクリックしてみてください。(拡大します)
DSC01509.jpgDSC01471.jpgDSC01489.jpg



▼車でお越しの方

高知自動車道四万十町中央I.Cを下車し、国道56号線を右方向へ。約1km先の県道52号線を右折します。途中信号のある交差点も直進し、峠のトンネルを超え道なりに興津方面へ下りて来ると、右手に松林が見えた先に興津青少年旅行村の案内所があります。高速を下りてからおよそ20分です。


▼電車・バスでお越しの方

JR予土線窪川駅より定期バスで35~45分。興津青少年旅行村下車
高南観光自動車 TEL:0880-22-1131


▼興津青少年旅行村本部※電話してから伺うのが確実です。

高知県高岡郡四万十町興津2135 (興津県立自然公園内)
電話: 0880-25-0632
興津ビュー
スポンサーサイト

黒鳥鍛造工場 見学!

 18, 2016 17:50



四万十町はだいぶ春らしい陽気になってきました

(今日はあいにく雨ですが・・・)


先日 最近じわじわと人気が上がっている 黒鳥さんを訪ねました

明治の創業以来百三十年以上代々受け継がれてきた 

由緒ある土佐打刃物の工場兼お店です



IMG_0711.jpg


写真のナイフや包丁だけでなく 鎌や鉈もいろいろな種類が並びます

なんと 鍬も刃物だということを このたび初めて知りました


奥をのぞかせてもらうと・・・


IMG_0718.jpg


何に使うのかわからないけど 大きな機械がど~んとあります

その脇を通り抜けると 四代目の梶原照雄さんが作業中でした


IMG_0722.jpg


そして 仕上げの最後の工程を見学させてもらいました

ざーっと削った後の ナミナミ線模様がついた包丁ですが・・・


IMG_0732.jpg


おじちゃんの技によって 一瞬で 鏡のような輝きに・・・


IMG_0735.jpg


1枚の細長い鉄の板が 火や水を借りた人間の手で

ここまで美しい刃物に生まれ変わるんですね・・・


IMG_0737.jpg


こんな感じです


IMG_0746.jpg


仕上げの最終確認の作業は必見 感動します

どうしても直に体験してほしいので 写真は無しです

ヒントは紙を・・・


IMG_0748.jpg


この日は四代目ご夫婦がお話してくれました

普段の日も 言ってもらったら見学いいよ~ とのこと

とっても気さくなご夫婦でした


IMG_0754.jpg


今は 六代目梶原弘資さんが日々修行に励んでいます


こうしてこの先もずっとずっと受け継がれていく技

なんだか羨ましいような気分になります


黒鳥さんの製品は 道の駅あぐり窪川にも少し置いています

でも やっぱり直接作業を見ていただきたいです


四万十町に来た際にはぜひ寄ってみてください



【黒鳥鍛造工場】

高知県高岡郡四万十町本堂430
0880-24-0291

年中無休です







br_c_3094_1.gif

   ↑ 

 どうぞ

 よろしくお願いしま~す






道の駅四万十とおわと川下り☆

 20, 2015 17:58

先日 久しぶりに道の駅四万十とおわ に行ってきました

高知新聞 『ミリカ』さんの取材のお供です


とおわ

メニューはこのような冊子で 表紙にかわいらしく布を巻いてあり

いろいろな種類のメニューがあって 目移りしてしまいます

とおわ2

その日は 道の駅四万十とおわならではの しまんと茶粥セットをいただきました

モーニング限定

とおわで採れたお茶の風味で身体中を満たされながら

小鉢に取り分けられた地元産をはじめとする数種類の漬物が絶妙なアクセントとなって 

素晴らしく清々しい気分のモーニングタイムになりました

おいしかった~

とおわ3

これからの時期は 四万十川を見晴らせるテラスで食べるのもステキ

とおわ4

そして 道の駅四万十とおわのすぐお隣にある 四万十かっぱ組合

地元のおんちゃん達が案内してくれて 川舟体験ができるのです


あまりにもリラックスしすぎて 川舟から写真撮るのを忘れていました・・・

とおわ5

そして最後に 川舟体験で下りる川原で拾えるかも という

磁石でくっつく石を 四万十かっぱ組合の事務所で見せてもらいました

見た目普通の石なのに 本当に磁石にくっつくんですよ・・・



どちらの施設も リフレッシュするのにとってもおススメ 

とおわに行った際には ぜひお立ち寄りください






br_c_3094_1.gif

   ↑ 

 どうぞ

 よろしくお願いしま~す





またもや曇天の週末・・・

 06, 2014 17:20
毎週末 なんの因果かお天気に恵まれない四万十町

今年の夏はほとんど毎日雨かくもり どころか

暴風雨や雷にも見舞われ 夏祭りすら中止されるという

なんとも悲惨なシーズンとなりました・・・


が そんな状況でも日々のいろいろには追われるわけで

気分も晴れないがなんとかがんばるしかないっ


ということで 今日は町内の 温泉 を東から順にご紹介 




松葉川温泉 0880-23-0611

ホテル松葉川温泉


道の駅あぐり窪川から約20分ほど四万十川を上流にたどった辺りにあります

露天風呂がとってもおススメ 家族風呂もご相談ください

食堂もあるので四万十町のおいしい食事も楽しんでいただけます

日帰り入浴 ・・・ 大人500円 小人250円 (午前10時半~午後9時)




一の又渓谷温泉 0880-27-0563

一の又渓谷温泉 (25)

道の駅四万十大正から10分ほどのところにあります

清らかな水と空気 さまざまな木々に囲まれて日常を忘れられます

家族風呂にもご対応いただけます

日帰り入浴 ・・・ 中学生以上800円+税 小学生600円+税 幼児400円+税 




大正温泉 0880-27-1330

大正温泉


道の駅四万十大正から約10分ほどのところにあります

知る人ぞ知る良質の温泉と評判で 県外からもファンが来ます

岩風呂が名物 家族風呂もご相談ください

日帰り入浴 ・・・ 大人500円 小学生400円 幼児300円 (午後1時~午後8時、夏場は午後9時)

*夏場は建物の前に木が茂ってるので写真は冬場のものです



十和温泉 0880-28-4811

十和温泉 (70)


道の駅四万十とおわから約5分ほどのところにあります

四万十川を眺めながらゆったりとくつろげるのが爽快です  

日帰り入浴 ・・・ 大人800円 小人400円 (正午~午後8時)




柳瀬温泉 0880-28-5552

柳瀬温泉 (13)


道の駅四万十とおわから約10分ほどのところにあります

のどかな山の中で 釣り人に人気です

日帰り入浴 ・・・ 大人500円 小人300円 (正午~午後8時)




下津井へ行く道

 07, 2014 20:37
下津井へ行く道は、国道439号線で行きますが、十和方面からだとこいのぼりの川渡しで有名な小野地区の前に久保川という地区があります。
そこから、大道(おおどう)を経由して下津井へ抜ける道があります。林道ですが、全舗装していました。小石等が落ちていますが問題なく通れました。

また、この道は途中の分岐を左へ行くと竜王の滝複層林へ行く道になります。

大道下津井線

約20km40分で行けますが、なかなか良い場所を通っていますよ

山越えの坂道ですが、こんなところに民家が!と驚くと同時に斜面に張り付いて石垣を積んだ田んぼや畑、民家など昔の人はほんとすごいと感心させられます。

風景

十和側の最後の家で門脇さん宅があります。今日初めてお会いして見せてもらったのが彫刻です。車庫の中が作業場で作った作品が・・・・・

彫刻1
亀、キジ

門脇タツヨシ邸
フクロウ、ワシなど無造作に何体もおかれていました

そこから峠までは近くて峠には記念碑がたっていました。

十和側からの道

十和側

林道が開通した時の記念碑

記念碑

昔の標識?  「仁井田越え」と書かれています。

峠

下津井側からの道
下津井側

道は狭くくねくね道ですが、ドライブするには面白いコースかも?!

安全運転で通行お願いします。 



イベント列車で

 26, 2014 13:43
IMG_1856.jpg

もうすっかり話題となっている

『日本一遅い新幹線』。

と、

IMG_1876.jpg

蛇口する四万十川やトンネルを抜ける

『しまんトロッコ』

JR予土線ではすっかり定着した観光列車で

ゆっくりと訪れてみませんか?


br_c_3094_1.gif
   ↑ 
 高知県人気ブログランキングに参加中です。
 ポチっとお願いします。

松葉川山の巨樹古木 アカガシ

 12, 2014 18:03
春分峠から杖立水が峠を越えて三町境界を過ぎ鈴ヶ森(標高1054m)まで約6,200mそこから高山登山口まで約4,000mの距離をアップ団を繰り返し一日ががりのハードなコースです。このコースにはアカガシを中心とした巨樹古木が林立し四季折々の花が彩りを添えてくれます。植物が幾重にも重なり、たくさんの声明を育む豊かで深い山々が連なる森林生態系は荘厳で美しくそして尊九私たちを包んでくれます。森下嘉晴

NO,2アカガシ 460cm
アカガし1


アカカシ

NO,8アカガシ 440cm ヒノキとシャクナゲ、ヤシャビシャク等と同居
同居
向かって右のLに曲がっている枝がヒノキ  写真中央にシャクナゲ  シャクナゲの上にヤシャビシャク(見えにくいので下の写真参照してください)

ヤシャビシャク
ヤシャビシャクは、ブナの木に生える植物ですが、ここではアカガシで育っています。
写真手前がシャクナゲの葉その上の青い葉がヤシャビシャク(夜叉柄杓)

アカガし

アカガシにツタが絡まり同化しています。
アカガしトつた

2アカガしトつた

人間の大きさと比べたらすごく大き井です。樹齢何年でしょうか?
こんな巨樹がたくさん育っています。
この山で一番大きなアカガシは幹回り553cmあります。
ほかには 杉の木で506cm ヒノキ437cm ブナ360cm 山桜の木で156cm ヒメシャラ139cm等まだまだたくさんの巨樹古木が育っています。
この巨樹古木を見るだけでエネルギーをもらっていることをひしひしと感じます。
本当に山は大事に手入れをして守っていかないといけないとつくづく感じました。
森林浴はほんと必要だと思います。


br_c_3094_1.gif
   ↑ 
 高知県人気ブログランキングに参加中です。
 ポチっとお願いします。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。